電動スケートボード用EVOLVEバックパック – レビュー

evolve backpack review

数少ない電動スケボー用のバックパック、EVOLVEバックパックを海外から取り寄せました

最近、電動スケートボードにハマってます!


近場であれば自転車じゃなくて電動スケボーで行っちゃいます。

速いし、手軽だし、何より楽しいです!

Acton Blink S white road

acton blink S asahidake acton blink s rishiri fuji acton blink s souyamisaki acton blink s tokyo tower

電動スケボーACTON BLINK Sが今なら15%オフ!

近場だけじゃなくて、少し遠出するときも持っていけたらいいなー。

そのためには電動スケボーをくくりつけられるようなバックパックがあったらいいなー。

そんな思いをキッカケにいろいろと電動スケボー用のバックパックを探してみました。

結果…あんまりない…

普通のスケートボード用のバックパックはたくさんありますが、電動スケボー用はなかなかありません。

実は最近、Arc’teryxのカムスキーを電動スケボー用に買いました。

ただ、細いストラップ2本だけで重い電動スケボーを支えるのはやはり不安でした。

arcteryx khamski acton blink s

それと4万円以上したカムスキーには妙な愛着がわいてしまい、スケボーのグリップテープで表面がボロボロになるのも嫌でした。

そんな中、やっとピッタリのバックパックを見つけました!

evolve backpack with acton blink s

電動スケボーメーカー、evolveのバックパック。

その名も“EVOLVE BACKPACK”!!(そのまんま)

evolve backpack with skateboard attached

evolveは電動スケボー業界の中ではメジャーだしサイトの画像を見ている限りではなかなかよさそう!

でも、外国のサイトも含めてレビューが少ないのでバックパックの出来に関しては正直よくわかりません。

悩んでいてもしょうがないので輸入してみました!

今日はそんなEVOLVE BACKPACKをレビューします!

 

EVOLVEバックパック – レビュー

デザイン

evolve backpack front nothing attached

なかなか特殊な形をしているバックパックです。

僕は嫌いではありません!

高級感が特別あるわけではありませんが、そこまでチープとも感じません。

バックパックの底の部分はゴムで補強されているのである程度雑に扱っても大丈夫そうです。

evolve backpack bottom

底はなぜか斜めになっているので何とか自立するものの、Peak Design Everyday Backpackのように床に置いたときのどっしりとした安定感はありません。

evolve backpack standing up

表のプリントはリフレクター加工がされていて、スケートボーダーの安全についても考慮されています。

evolve backpack reflector

 

サイズ

まずバックパックのサイズですが、大き目です。

家にあるリュックと比べても大きい部類に入ります。

backpack collection

Arc’teryx(アークテリクス)のアロー22やPeak Design(ピークデザイン)のEveryday Backpackよりは一回り大きいです。

寸法を測ってみたので参考にしてください。

縦54 cm x 横30 cm x 奥行17 cm

形がある程度しっかりと出るように作られているバックパックであるのに加え、フタがガバっと前に開くので荷物の出し入れはラクです。

evolve backpack front lid

かなりラクです。

写真にあるリュックの中では一番ラクです。

この利点が欠点にもなるのですが、それに関しては後述します。

 

ポケット

ポケットはそんなにありませんが最低限の数はあると思います。

まずはメインコンパートメント。

evolve backpack main compartment

PC用のポケットもあります。

evolve backpack main compartment pc

14インチのThinkPad X1 Carbonも入ります。

メインコンパートメントにはDJI Spark用のケースがピッタリ入ります。

evolve backpack dji spark case

それでもかなりスペースが余るので荷物はたくさん詰められます。

メインコンパートメントのフタの内側に小物用のメッシュポケットがついています。

電動スケボー用のリモコンなんかにいいと思います。

evolve backpack lid pocket

表には小物用のポケットが一つついています。

evolve backpack front pocket

イヤホンやカードケースなどを入れておくと取り出しやすいです。

サイドにもジップポケットが片方だけついています。

evolve backpack side pocket

このポケットが面白いです。

保冷・保温効果がありそうなポケットになっています。

ドリンク以外にもドローンのプロペラガードなど、サッと取り出したいものを入れておくのに使えると思います。

evolve backpack side pocket propeller guards

もう片方の側面にはドリンクホルダーとして使えるメッシュポケットがあります。

evolve backpack drink holder

 

ストラップまわり

ストラップは幅が太くていい感じです。

evolve backpack straps

ただ、スーパーなで肩な僕としてはイマイチな点が一つあります。

それは左右のストラップが離れすぎているところです。

evolve backpack straps wide apart

ストラップが離れすぎているとストラップが肩からずれてかなりストレスがたまります。

アークテリクスはアローもカムスキーもピッタリと左右のストラップがくっついています。

arcteryx arro 22 straps arcteryx kaminski straps

なで肩の僕でもストラップがずれることはありません。

僕がアークテリクスのバックパックが好きな一番の理由です!

最近買ったアディダスのバックパックも少し離れていますがこれくらいは全然平気です。

ピークデザインのエブリデイバックパックは少し微妙です。

peak design everyday backpack straps

ストラップをきつめに締めると大丈夫な感じです。

それらに比べてEVOLVEバックパックは左右のストラップがかなり離れているのが分かりますでしょうか?

ストラップの幅が太いおかげでなんとか問題なく使えますが、背負ったときの安定感は僕が持っているアークテリクスやアディダスのバックパックの方が上です。

標準体型の方であれば特に問題ないと思います!

背中が当たる部分はボコボコしていて通気性がよさそうです。

evolve backpack back

ストラップのアジャスター部分はロックできるようになっています。

evolve backpack strap adjuster lock evolve backpack strap adjuster

電動スケボーを装着するとかなり重くなりますが、それでもストラップが緩まないようにする工夫だと思います。

 

スケートボード収納スペース

肝心なスケボーの収納スペースを見ていきましょう。

evolve backpack front evolve backpack side evolve backpack back

スケボーはバックの外側に装着するのではなく、背中の近いところに装着します。

この利点としては重心が体の近くに来るので外側にスケボーがあるより安定感が増します。

その分、疲労も少なくなると思います。

実際の装着方法ですが、背中の部分を開いて二つのベルクロストラップでスケボーをストラップダウンします。

evolve backpack lid open evolve backpack board attached

それだけだと板がずり落ちてしまうので3つ目のストラップをトラックにひっかけます。

説明書はついてきませんでしたが、おそらくこのように使うはずです。

後はフタを閉じてチャックを閉じれば完成です。

evolve backpack lid closed evolve backpack lid zipped evolve backpack skateboard attached

 

収納できるボードのサイズ

僕が持っているACTON BLINK Sは電動スケボーの中では小さい方です。

これがギリギリ入ります。

ACTON BLINK Sよりもホイールベースが長いボードであれば問題なく入ると思います。

もちろん、電動スケボーだけじゃなくて、普通のロングボード用としても使えます。

ちなみにACTON BLINK Sのホイールベースは47 cmです。

これよりもホイールベースが短い板だとタイヤがバックにあたって閉じられません。

evolve backpack with short board evolve backpack short board doesn't fit

 

EVOLVEバックパックの気に入った点 vs 気に入らない点

気に入った点

  • 収納力があって物の出し入れがラク
  • スケボーを装着したときの安定感はなかなか
  • 表がリフレクター加工されているなどスケートボーダーのことを考えて作られている

 

気に入らない点

  • 左右のストラップが離れている
  • ジッパーが小さい
  • メインコンパートメントのフタを開けたままバックをトップハンドルで持てない

左右のストラップが離れている点については上でも書きましたので後の2つについて。

EVOLVEバックパックのジッパーは小さいです。

普通のリュックでも使われないような小さいジッパーです。

evolve backpack zippers

電動スケボーを装着するとかなりの重さになるのでこの小さいジッパーで耐えられるのか?

耐久性が不安です。

次にメインコンパートメントのフタです。

メインコンパートメントのフタは前にガバっと開くので荷物の出し入れがラクだと前述しました。

問題はトップハンドルがこのフタについている点です。

フタをガバっと開けた状態だとトップハンドルをつかんでバックパックを持ち上げられません。

evolve backpack top handle

普通のバックパックのトップハンドルはメインコンパートメントが開いていてもバックパックを持ち上げられるような位置についています。

EVOLVEバックパックはデザイン上、フタにしかハンドルを付けられなかったのだと思います。

evolve backpack top handle placement
メインコンパートメントを開けた状態でバックパックを持ち上げることも多々あると思うのでこれは少し不便だなと感じました。

 

 

総評

evolve backpack side with acton blink s

EVOLVEバックパックは電動スケボー用のバックパックというかなり特殊な用途を念頭に作られたバックパックです。

その分、構造上、妥協しないといけない部分があるのはしょうがないのかなと思いました。

電動スケボー用のバックパックは現時点でほとんど存在しないので貴重なカバンであることは間違いありません。

電動スケボーやロングボードを持ち歩くことが多い人にとってはぴったりのバックパックなのかなと思いました。

僕自身はどうかって?

実際に電動スケボーを装着するとかなりの重さになります。

これを背負って長距離を歩くのは正直厳しいと思いました。

短い距離であれば手で持てばいいし、現在の僕の行動パターンを考えると不要かなと思いました。

そんなわけで近々オークションに出品する予定です!

blink s escalator

 

EVOLVEバックパックはどこで買える?

日本では売っていないと思うのでEVOLVEのサイトから輸入することになります。

ここで安く買うポイントが一つ。

EVOLVEはオーストラリアの会社なのでググるとだいたいオーストラリアのサイトに飛びます。

ここから日本に発送しようとすると送料が285AUD(オーストラリアドル)とアホみたいに高いです(約25000円)。

バックパックの値段が149AUDなので送料の方が高くなってしまいます。

転送サービスを使った方が送料を安くできる可能性が高いです。

オーストラリアにも転送サービスはあると思いますが、僕は使ったことがないのでどこがいいかわかりませんでした。

そこで僕がどうしたかというと、EVOLVE USのサイトに行ってアメリカの転送サービスを使って日本に送ってもらいました。

かかった金額は次のとおりです:

111円換算で約20,823円といったところです!

転送サービスをご利用の場合は僕がいつも使っているところで初回$5引きになる紹介制度があるのでサイトのコンタクトページからemailアドレスをご連絡ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。