自転車のチェーンにシリコンスプレーはダメ?

adobe-spark-14

この間自転車に乗っていたら、前のホイール辺りから早速キーキーと音がしてきました。

家にあったKUREのシリコンスプレーをハブ付近に吹きつけてみたら音がピタっと止み、回転も確実によくなりました。

これはいい!と思い、チェーン、ギヤ、リアハブ、クランクにも吹きつけておきました。

 

これ実はやってはいけないことみたいです!

理由はシリコンスプレーはハブに塗りこまれたグリスやチェーンに塗られているオイルを溶かしてしまうようなのです。
同じ理由で5-56もハブとチェーンに塗ってはいけないみたいです。

ではどうすればよかったか?

ハブやクランクにはグリス、チェーンにはチエーン専用のオイルを塗らないといけません。

なんてこった…

早速、KUREのスーパーチェーンルブクリースメイトを買ってシリコンスプレーをかけてしまったところに吹きつけておきました。 

   

こういう時は次の日に届けてくれるアマゾン・プライムが助かります!
午前中に届いたのでお昼から自転車で出かけることができました。

チェーンはこれでいいのですが、クリースメイトもハブやクランクの中のグリスを溶かしてしまう気がするので、定期的に吹きつけておいてメンテに出した時にグリスアップをお願いしようと思っています。

自転車を早速壊してしまうところだった!危なかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。