ワールド・オブ・ハイアットになってハイアット・カードが改悪された

ハイアット・カードが改悪

チェイスが発行しているハイアット・カードはハイアット・ユーザーにとってはなくてはならないカードです。

日本では発行していないので、アメリカに長期で滞在することがあれば作っても損はないカードでした。

ハイアットで使うとボーナスポイントが付くなど、ポイント優遇は当然ありますが、このカードの重要なベネフィットは次の3点だと思っていました:

  • 無条件でプラチナ・ステータス
  • 毎年カテゴリー4までのホテルでフリーステイ
  • ステータス確保のためのブースト(年間$20,000の決済で 2 stays/5 nights、さらに$20,000の決済で3 stays, 5 nights)がかかる

先日、ゴールド・パスポートがワールド・オブ・ハイアットに変わる件について書きました。

今回のプログラム改変でハイアット・カードのベネフィットであったステータス確保のためのブーストがなくなるみたいです。

 

ハイアット・カードが改悪

ワールド・オブ・ハイアットではステータス確保はNights基準がベースになります。

そして、今までのダイヤモンドに相当するGlobalistになるためには60 nightsが必要です。

Discoverist Explorist Globalist
Nights 10 30 60
Base Points 25,000 ($5,000) 50,000 ($10,000) 100,000 ($20,000)

今まではハイアット・カードで$40,000決済すれば10 nights確保できていたのですが、これがなくなります。
50 nightsでも大変なのに60 nightsはきついですよね…

 

ハイアット・カードは持ち続けるべきか

ワールド・オブ・ハイアットになってもハイアット・カードを持っていればDiscoveristのステータスはついてくるし、年間1回のフリーステイもあります。

日本だと

  • Grand Hyatt Fukuoka
  • Hyatt Regency Naha
  • Hyatt Regency Tokyo

がそれぞれカテゴリー3なので、これらのホテルでのステイが20,000円以上することを考えると年会費の$75は簡単に回収できます。

ステータスブーストももしかしたら復活するかもしれないし、しばらくはキープしようと思っています!

 

 

 

(Visited 2,590 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。