世界一使いやすい機内持ち込みキャリーバッグ – Briggs and Riley Domestic Carry-On Expandable Upright U122CX

briggs and riley U122CX carryon キャリーバッグ

ここ10年ほど理想のキャリーバッグを求めてTUMI、Travelpro、RIMOWAやACEなどを使ってきました。
10年で10個以上のキャリーバッグを買いましたが、これだ!!というものにはまだ出会えていません。

機能はよくてもルックスがだめだったり、ルックスはよくても機能がだめだったり。
意図的に欠陥を残すのがメーカーの戦略なのではないかとすら思ってしまいます。

そんな中、この一年ほど国際線メインで使っているキャリーバッグがあります。

もしかしたら理想の22インチサイズに出会えたかもしれません!

そのかばんはBriggs and Riley Domestic Carry-On Expandable Upright U122CXです。

 

 

Briggs and Rileyとは

briggs and riley U122CX carryon logo キャリーバッグ

ブリッグズ・アンド・ライリーは1993年にアメリカで誕生したブランドでTUMIと並んでビジネス・トラベルバッグ業界の中では有名です。

日本で見ることはほとんどなく、情報も全くありませんでした。
何度もウェブサイトやYouTubeの動画を見返して購入を決断しました。

僕はAMAZON USで買ったので値段は500ドル+送料で600ドル弱くらいだっと思います。

Briggs and Rileyの鞄の特徴は大きく3つです:

  • Life Time Warranty(生涯保証)
  • CX Expansion Compression Technology
  • Outsider handle(外付けハンドル)

これらの特徴はBriggs and Riley U122CXでも健在なので早速見ていきましょう!

 

 

Briggs and Riley Domestic Carry-On Expandable Upright U122CX

基本的な項目をおさらいしていきましょう。

サイズ

Height Width Depth Weight
22 inch 14 inch 9 inch 8.9 lbs
56 cm 35.5 cm 23 cm 4.0 kg

ANAの機内持ち込み規定だと高さが55㎝までなのでギリギリアウトですが、今までトラブルになったことはありません。

幅が一般的な22インチのキャリーバッグと比べて若干細いので大きさはあまり強調されません。

briggs and riley U122CX carryon next to RIMOWA topas Platinum キャリーバッグ

briggs and riley U122CX carryon side by side comparison with Rimowa Topas Platinum キャリーバッグ

 

デザイン

シンプルで嫌味のないデザインです。色も黒一色です。
下手な装飾がないので個人的には好感のもてるデザインだと思います。

質感も悪くなく、TUMIと比べても見劣りしません。

_dsc3152

 

走行音

とても静かです。
六角レンチでアクセスができるので取り換えも簡単にできます。

特筆すべきは足です。
非常に頑丈なつくりで絶妙な角度がつけてあるので鞄の安定感が半端ないです。
エクスパンドした状態でもちょっとやそっとのことで倒れることはありません。
これは非常にポイントが高いです。

briggs and riley U122CX carryon expanded キャリーバッグ

 

重さ

特別軽いわけではありませんが、重たくもありません。
重さは気になりません。

 

外ポケット

大きな外ポケットと小物用のポケットがついていて使い分けができるので便利です。

_dsc3161 _dsc3160

小物用ポケットとは別にもう一つ小さなポケットが鞄の上部についています。

_dsc3162

この中には他のキャリーバッグとリンクするためのストラップが格納されています。
複数のキャリーバッグで旅をするときには使えそうです。
手さげ鞄をぶら下げることもできるのですが、だいたい鞄が床をすることになるのでそのような使い方を僕はあまりしません。

 

ハンドル

長く伸びるハンドルで使いやすいです。

briggs and riley U122CXとRimowa Topas Platinumのハンドルが伸びた状態

Rimowaも長いですが、それよりも若干長いのでケースをかかとでガツガツ蹴ることはありません。
作りも頑丈です。

実はハンドルがこのバッグのポイントの一つですがわかりますか?

ハンドルが外についているのです!

_dsc3157

通常、ハンドルは鞄の中を通っているので、コンパートメントの中に凸凹ができてしまいます。
ハンドルを外に付けることでコンパートメントはフラットにすることができ、荷物を詰めるのが圧倒的に楽になります!
グローブトロッターと同じような発想ですね。

そのダウンサイドとしてはハンドルを外に持って行った分全体の厚みが増えてしまうのでメイン・コンパートメントを少し薄くする必要はあります。

しかし,そこは後述するエクスパンド機能で補うことができますし、画像にもあるように、ハンドルの厚みで生まれたスペースにポケットを作ることでうまく欠点を利点に変えています。

小さいポケットにはWaterfrontの折り畳み傘がピッタリ入ります。

 

 

メイン・コンパートメントに入れる必要がないので荷物が濡れる心配もありません。

 

 

メイン・コンパートメント

ハンドルを外に持って行ったことでフルフラットです!
荷物の詰めやすさが圧倒的に違います。

_dsc3163

地味にいいのがストラップです。

_dsc3164

荷物全体を押さえつけることができ、移動中に物が動き回る心配もありません。

スーツ用のコンパートメントもあります。

_dsc3165
ハンガーは付属していないのでTUMIのものを使っています。

そして、このバッグの特徴のもう一つがエクスパンド機能です。

一般的には、鞄をエクスパンドするときはチャックをぐるっと一周外すことによって行います。
このBriggs and Riley U122CXはこのチャック方式を採用しておらず、コンパートメントの中に特殊な機構でエクスパンド機能を実現しています。

_dsc3166

使い方はとても簡単:

  1. つまみを持ち上げ最大までエクスパンドする
  2. 荷物を入れる
  3. 鞄を閉じて上から押し付ける

そうすることで荷物の多さに最適な大きさにエクスパンドの幅を合わせることができるのです。

これがBriggs and RileyのCX Expansion Compression Technologyです!

写真でもわかるようにかなりエクスパンドするので荷物はめちゃめちゃ入ります。

_dsc3169 _dsc3167

Briggs and RileyのCX Expansion Compression Technologyで鞄を圧縮できるので無駄に鞄が大きくなるのを防ぐことができます。

単純ですが、便利な機能です!

 

 

Life Time Warranty(生涯保証)

Briggs and Riley U122CXは作りがしっかりしているので、壊れる心配はなさそうです。
万が一壊れた時も生涯保証がついているので安心です。
保証がついていても適用範囲が限定されていたり、規約が細かかったりと実際には使えないものが多い中、Briggs and Rileyの保証制度に関しては好意的な口コミが多かったです。
日本からだとアメリカに送ることになるので少し手間はありますが、生涯保証はメーカーの商品に対する自信の現れでもあるので非常に好感が持てます。

 

 

まとめ

Briggs and Riley U122CXは今まで使ってきた22インチサイズのキャリーバッグの中では一番いいと思います

欠点が見当たりません。

実際に使っていてストレスを感じることは一度もなく、それはキャリーバッグの良し悪しを考えるときに非常に大事なことです。
一点だけ挙げるとするとデザインが地味なところですが、それは長所でもあったりするので欠点とは言えません。
値段は送料も入れて600ドルとそこそこしますが、TUMIが国内で10万円することを考えるとリーズナブルと言えます。
TUMIのAlpha 2を検討しているのであれば絶対にU122CXのほうがいいです。

現時点でBriggs and Riley U122CXは世界一使いやすい機内持ち込みキャリーバッグと言えます!

最後にTUMIの26141とドッキングした状態の写真です。
悪くないマッチングです!

briggs and riley U122CX carryonとtumi 26141をセット

briggs and riley U122CX carryon side view with TUMI 26141 キャリーバッグ

 

 

 

2 Responses to “世界一使いやすい機内持ち込みキャリーバッグ – Briggs and Riley Domestic Carry-On Expandable Upright U122CX

  • 「日本からだとアメリカに送ることになるので少し手間はありますが」とありますが、ブリッグズ・アンド・ライリーは、提携している修理会社が世界中にあるので、そこに送れば大丈夫です。あとは、ブリッグズ・アンド・ライリーが払ってくれます。

    http://www.briggs-riley.com/contact/find-a-repair-center/

    DAIICHI BODY INC.
    1001-677 Honsanrizuka
    Narita
    286-0116
    Japan

    http://www.briggs-riley.com/shop/type/self-repair-kits

    修理キットも無料でくれます。

    購入後は、ブリッグズ・アンド・ライリーに登録してあれば、全部無料です。

    • 貴重な情報ありがとうございます!
      ますます安心してBaselineをガンガン使えます。
      壊れる心配はなさそうなくらい頑丈ですけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。