ついに出た。2万円台で買える最強のスーツケース – Travelpro FlightCrew 5 22” Expandable Rollaboard(レビュー)

travelpro flightcrew 5 22"

Travelpro Flight Crew 5(トラベルプロ フライトクルー)登場

どうしちゃったのトラベルプロ?!
僕の知ってるダサダサのトラベルプロとは全然違う!

これは僕がトラベルプロから新しく出たFlightCrew 5を見た時の印象です。

テンションが上がっている様子は伝わりましたでしょうか?
キャリーバッグ関連の話ではここ数年で一番テンションが上がりました。

過去の栄光を感じさせるいい感じのキャリーケースの予感がします。

購入したトラベルプロのFlightCrew 5 22” Expandable Rollaboardが届きましたので早速レビューしたいと思います。

おそらく日本最速です!

Travelpro box

 

トラベルプロについて思うところ

昔はかっこよかったトラベルプロ、過去の輝きを取り戻せるか?

僕が今まで所有したトラベルプロのキャリーケースについては過去のPostでも紹介しています(Crew 8Platinum 7)。

僕は今までトラベルプロのキャリーケースを買っては手放してを繰り返してきました。

ジョージ・クルーニーの「マイレージ・マイライフ」を見てからずっとトラベルプロをメインのキャリーケースにしたいと思っていました。

そう思いながらいつも手放してしまう理由は明確です。

それは:

  • デザインがどんくさい
  • 作りがチープ

デザインがどんくさくて作りがチープだとどうしても所有欲が満たされず、使っていて楽しくありません。
楽しくないのでしばらくするとRimowaのTopas Titanium Cabin Trolleyに戻りたくなってしまっていたのです。

トラベルプロも昔はかっこいいモデルを作っていたのです。

マイレージ・マイライフでジョージが使っていたCrew 4もかっこよかったし、僕はCrew 5なんかがかっこいいと思っていました。
これらのモデルは僕がトラベルプロを知ったころには旧型になっており、手に入れることができませんでした。

今回のFlightCrew 5は何となく昔のトラベルプロっぽいデザインを踏襲していて、原点回帰の印象を受けます。

デザイナーが変わったのかは分かりませんがいい方向に向かってくれるのはキャリーバッグ・マニアとしてうれしい限りです!

 

 

FlightCrewってなに?

FlightCrewは搭乗員専用シリーズ

さて、今回のFlightCrewはトラベルプロの中でも少しスペシャルなシリーズになります。

どうスペシャルかというと:

  • 一般の利用者を対象としたライン(Crewシリーズ)ではなく、パイロットやスッチーを対象にした搭乗員向けのライン
  • トラベルプロのオフィシャルサイトを見ても載っていない
  • AMAZON USなどの普通のオンラインショップでは買えない

商品自体の特徴としては:

  • 無駄な装飾などはない
  • 機能重視
  • 値段がめちゃめちゃ安い(160ドルくらい)
  • モデルチェンジのサイクルが長い(Crewシリーズは一年ほどでモデルチェンジするがFlightCrewは何年もモデルチェンジしない)

皮肉なのは無駄な装飾を省いて機能重視にすると結果としてかっこいい商品が生まれるところです。

一世代前のFlightCrew 4も所有していましたが、僕が持っていたトラベルプロの中では一番好きだったモデルです。

travelpro flightcrew 5

今回のFlightCrew 5はFlightCrew 4をベースに改良を施した形になっています。
デザインにも少し手が入っていて、前述したとおり、かっこよくなっています。
なにより、アウター、インナーも含めて素材が格段に良くなっています。

トラベルプロは今までモデルチェンジするごとにコストダウンしている印象があったのですが、Flightcrew 5はその逆でレベルアップしています。

早速FlightCrew 5を見ていきましょう!

 

 

FlightCrew 5 22” Expandable Rollaboard

機内持ち込みサイズでエクスパンド機能付きモデル

サイズ

僕が買ったモデルは国際線機内持ち込み可能な22インチサイズです。

公表スペックが

56cm x 36cm x 23cm (22 x 14 x 9 inches)


2017年3月27日更新

実際の寸法も図ってみました。

56cm x 36cm x 28cmでカバンを少し押さえつければ23㎝になります。


なので、ANA/JALの55㎝を1㎝超過しています。
ANA/JALに関しては今はチェックが緩いので特に問題はないと思います。

写真でもわかるようにBriggs & Rileyと比べると厚みがあります。
その分、それなりに大きいキャリーケースという印象は受けます。

flightcrew 5 compared with briggs and riley

 

デザイン

travelpro flightcrew 5 from the front

正直、めちゃめちゃタイプです!

無駄のないデザインなのはFlightCrew 4と一緒ですが、かっこよくなっていると僕は感じました。

何が違うのだろう?

立体感が増えたのかな?

生地もFlightCrew 4だと少しヨレっていたのがFlightCrew 5ではしっかりとした生地になっています。

あ、わかった!

ジッパーがFlightCrew 4だとシルバーだったのがFlightCrew 5ではもう少しダークな色になっていてボディーと同化する分、すっきり見えるのかもしれません。

travelpro flightcrew 5 zippers

とにかくかっこよくなっています!

 

走行音

トラベルプロの他のモデル同様、インラインスケートのホイールが使われているのでサイレントです。

いざというときの取り換えも楽ちんです。

travelpro flightcrew 5 feet

脚はグリップ兼用のデザインになっていて、取り回しもしやすそうです。

 

重さ

これまた他のトラベルプロ同様、軽いです。

Briggs & RileyのBaselineと比べても軽いです。

 

外ポケット

いいですねー。これいいですよ、本当に。

外側には全部で三つのポケットがついています:

  1. タブレット、雑誌などが入る一番外側のポケット(クッション材付)
  2. トラベルウォレットや小物などが入るトップポケット
  3. パソコンや雑誌などが入る大き目のポケット(クッション材付)

これだけ外ポケットがあると移動中の物の出し入れがしやすくて便利です。

ここで一つデザイン上の工夫を見つけちゃいました。

トラベルプロが変わった(いい方向に)と思ったのもこれを見つけた時です。

横から見るとわかりやすいですが、外側のポケットのマチが下に行くにつれて薄くなっているのが分かりますか?

ポケットの深さも底まではいかず、意図的に途中までしか物が入らないようになっています。

ポケットの深さを短めにすることで物の出し入れがしやすくなるという利点もありますが、ポケットの深さとマチを調整することで、ポケットの中で物が重なって鞄の底のほうが膨らんでしまうのを防ぐ狙いがあるのかなと僕は推測しています。

実際にFlightCrew 5を使ったときにこの辺は確かめようと思います。

 

ハンドル

長く、使いやすそうなハンドルは健在です。
Briggs & RileyのBaselineのほうが少しだけ長いですが、同じくらいです。

travelpro flightcrew 5 handle

ハンドルもFlightCrew 4から改良されています。

まずシャフトの部分ですが、合成を高めるために少し変わった形状になっています。

また、ハンドルですが、手のフィット感をよくするためにカーブした形をしています。
手のフィット感がめちゃめちゃよくて、ずっとニギニギしていたくなります!

travelpro flightcrew 5 from the top

実際に長距離を移動したときにこの辺もテストしたいと思います。

 

メインコンパートメント

FlightCrew 4のライナーのチープ感は半端なかったのですが、FlightCrew 5ではマシな素材になっています。
文句は全くありません。

travelpro flightcrew 5 main compartment

両サイドに物を入れるネットがついているので靴や洗濯物を入れるのに使えそうです。

上部にもネットがついていてここにハンドバッグ引っ掛け用のフックを収納できます。
実はこのネットの位置にも新生トラベルプロの工夫を感じました。
ここにネットを付けることで、メインコンパートメントのチャックをケースの上の方で少し開ければ、手を突っ込んでフックを取り出すことができるのです。
Briggs & RileyのBaselineみたいにフック専用のポケットを外側に付けるのも手ですが、これでフックをいざというときのために持ち歩こうという気になります!

FlightCrew 5ではスーツ用の収納スペースがついたモデル(Suiter)がラインアップから消えました。

travelpro flightcrew 5 main compartment

Suiter機能を使っていた人にとっては痛い使用変更です。

Suiterを使うとスーツのシワがひどかったので、僕はSuiter機能は使わっていませんでした。
スーツは畳んで、A3サイズのジップロックバッグに入れてメインコンパートメントに収納していたので、この変更によるダメージは幸いありませんでした。

 

裏側ポケット

FlightCrewの代名詞ともいうべき裏側ポケットも健在です。

travelpro flightcrew 5 back pocket

FlightCrew 4では裏側ポケットもエクスパンドできましたが、FlightCrew 5ではそれができなくなっています。
これを改悪と感じる人もいるかもしれませんが、僕はそこまでではありません。
裏側ポケットをエクスパンドしてしまうと、ケースをフラットに寝かされられないという問題があったのでエクスパンドして使うことはそもそもありませんでした。
裏側ポケットはいざというときのためスペースとしてとっておくか、雑誌など、ケースを寝かしたときに邪魔にならないような物のために使うのがいいと思います。

 

 

まとめ

実はこのFlightCrew 5、一週間ほど前に届いていたのですが、気持ちを落ち着かせてからレビューをしたかったので一週間寝かせました。
一週間たった今もFlightCrew 5に対する印象は変わっておらず、とても気に入っています。

早く実戦で使いたいので短い旅を今企画しています。

その時の状況はまたPostします!

 

 

34 Responses to “ついに出た。2万円台で買える最強のスーツケース – Travelpro FlightCrew 5 22” Expandable Rollaboard(レビュー)

  • 関税について回答ありがとうございました!
    FlightCrewの Expandable pilot Rollaboardを無事に毎日使ってます。やはり機能的で使い勝手がいいですね!
    色々と教えてくださいましてありがとうございました。
    1つ気になる点をがあるので、また教えてください。
    たまに、キャリーバーで持ち上げてしまう事がありました。
    これは調べたら、ダメみたいですね。キャリーバーが出てこなくなったりする故障の原因になると知りました。
    今後、パーツが壊れたらトラベルプロの場合は買換えしか無いですよね?
    あと、段差などでキャリーバーで持ち上げたりしますか?
    教えてください。

    • こんにちわ!
      FC5、活躍しているようで何よりです。
      僕も階段などでは良くないとわかりつつもハンドルでもってしまいますね。
      それで壊れたことはありませんが、荷物が重たいときはハンドルは戻して取っ手で持つようにしています。
      壊れた時ですが、FCシリーズのいいところはパーツの交換ができることです。
      パーツはバラで買うことができます(僕はまだ壊れたことがないので取り寄せたことはありません)!
      http://www.travelpro.mybigcommerce.com/content/Download/FlightCrew5.pdf

      • 齋藤 康晶
        2か月 ago

        いつもありがとうございます!
        凄いですね。
        全パーツ販売してるんですね。
        どうやって購入したらいいのかまた教えていただければ嬉しいです。
        しかし詳しいですね〜。
        私にとって毎日の仕事道具ですので、
        こうやって教えていただけるのは本当に
        ありがたいです。
        助かります。

        • こんにちは!
          僕もパーツは購入したことありませんが、アメリカのTravelproに連絡すれば何らかの方法で送ってくれると思いますよ!
          あるいは日本で修理をしてくれるところを紹介してくれるかもしれません。
          いずれにしてもTravelproに連絡ですね。
          僕のが壊れることがあれば試してみます!

  • 空飛び
    3か月 ago

    初めまして。
    この記事とは直接関係ないのですが、スーツを入れる際、ジップロックバッグに入れているとのコメントを拝見しました。
    私も買ってみたのですが、薄く、またジッパー部分も貧弱なため思うように使用できませんでした。
    差し支えなければどのジップロックバッグを購入されているか教えていただけますでしょうか?

    なお、当方はFC5の21インチを使用しています!

    • こんにちわ!
      僕が使っているジップロックはアマゾンで買ったこちらの商品です。
      少し高めですが、枚数を考えるとかなりお得だと思います。
      残りの枚数を気にすることなく毎回新しいのを使うので気分もいいです!
      耐久性やジップの部分について気になったことはないので多分大丈夫だと思います。

      21インチモデル、いいですね!
      結局エクスパンドすることはほとんどないので21cmの方がキャリーオンを考えると便利かもしれませんね!

  • 齋藤 康晶
    4か月 ago

    はじめまして。
    トラベルプロのキャリーケースが欲しくて拝見させていただきました。
    私も、どうしてもFlightCrew 5の22インチが欲しくてしょうがないのですが、海外サイトなどで買い物をした事がないのでどうしたらよいのか全くわかりません。
    是非ご教示いただけませんでしょうか?

    • こんにちわ!
      そんなに難しくはないですよ!
      僕がいつもやっているやり方はcrew outfittersなどのショップで買って、転送サービスを使って日本に送ってもらってます。
      ショップで買うときに発送先を転送サービス業者の住所にしてそこから日本に送ってもらうイメージです。

      送料は上記の方法よりも高くなるみたいですが、このサイトの読者の方からいただいた情報ではFlight Attendant Shopは日本に直接発送をしてくれるようです。
      もし転送サービスをはさむのが煩雑であればFlight Attendant Shopから直接購入されるのも手だと思います。

      最後にヤフーオークションにもたまにトラベルプロのスーツケースが出品されているのでたまにチェックするのもいいかもしれません。

      転送サービスをご利用の場合は僕がいつも使っているところで初回$5引きになる紹介制度があるのでサイトのコンタクトページからemailアドレスをご連絡ください!

      トラベルプロのキャリーケース、なぜか購買欲をくすぐりますよね!
      また分からないことがあったらコメントください!

      • こんにちは!
        返信が遅くなりまして申し訳ありません!

        ありがとうございます。
        教えていただいた通りFlight Attendant Shopで購入しました!
        まだ届いていないですが楽しみです!
        念願叶いました!
        本当にありがとうございます!
        ストラップもついでに買ってみました。
        ただどう使うのかよくわかってませんが、、、。
        毎日出張族なので必需品です。
        また教えていただく事もあると思いますがよろしくお願いいたします。
        ありがとうございます。

        • よかったですね!到着が楽しみですね!
          使った感想なんかももしよかったら聞かせてくださいね。

          少しお話変わりますが、毎日出張とはエキサイティングですね。
          どのようなお仕事か差し支えない程度でお聞きしてもいいですか?
          実は再び働こうと思っているのですが僕も出張が好きだったのでどのようなお仕事か興味を持ちました!

          • 匿名
            3か月 ago

            返信ありがとうございます。
            金融機関で研修やセミナーの担当をしてるんです。
            全国の拠点を毎日依頼に応じて訪問してセミナーなどをやってます。週5日か6日は出張です。毎日違う場所なので毎日寝床が変わります。
            毎日寝不足ぎみです。。。
            だからこそスーツケースは必需品なんです。今、使用しているスーツケースは半年でタイヤがバーストしました。
            トラベルプロが楽しみです!
            ありがとうございました。

          • なるほど!
            まさにRoad Warrior、僕の好きな映画“Up in the Sky”のショージ・クルーニーですね!
            私もパブリック・スピーキングはもともと好きなので前職の会計・ファイナンスと絡めて何かできないか考えてみようと思います。
            自分ではなかった発想なのでとても参考になりました、ありがとうございます!

            それだけ移動されていると間違いなくDiamond Statusですね、うらやましいです!
            トラベル・プロはホイールも交換できるのでヘビーユースにはぴったりですね。

            FlightCrew 5もいいですが、僕が一番おすすめなのはBriggs & RileyのBaselineなのでFC5に飽きたらチェックしてみてください!

          • すみません、質問です。スーツケースが届いたのですが、税関から1800円の支払いが必要との事です。不服申立を出来るらしいですが受取はできません。この費用はかかるものなんですか?

          • 自分の時のことははっきりと覚えていないのですが、おそらく払ったものと思います。
            革製品ではないので関税ではなく、おそらく消費税と思われます。
            一定金額以上の個人輸入には消費税がかかってくるのでやむを得ないかもしれません。

            ひとまず無事に届いてよかったですね!

  • はじめまして。
    Travelpro FlightCrew5 22″ Expandable Rollaboardの購入を考えています。
    KenさんのようにCrewoutfittersで購入しSpearnetで転送するか、Flightattendantshopで直接日本に配送してもらうか悩んでいます。後者だと、配送料が$81.90かかりtotal $241.90のようです。Kenさんはいくらくらいで購入されたか覚えていらっしゃいますか?
    また、この値段の商品であるとちょうど免税範囲をこえてくるようなので、必ず関税がかかってくるのでしょうか。転送されたときもかかりましたか?
    アドバイスいただけたら幸いです。

    • こんにちわ!
      僕の場合はSpearnetの送料が$61、米国内の送料は無料だったので$159.99との合計、$220.99がトータルコストだったと思います。
      関税ははっきりとは覚えていないのですがおそらくかからなかったと思います。

      金額の差はあまりないようなので少し悩むところですね!
      Spearnetを初めて使われる場合は$5引きになる紹介制度があるのでメールでご連絡ください!

      FlightCrewが到着しましたら感想など聞かせてくださいね!

      • 早々に返信頂きましてありがとうございます!
        転送した方が若干お安いんですね。
        会社支給のものが1年ももたないので、そろそろ自前で買うことを検討してます。機能性も良いし、耐久性もありそうなので期待してます。
        ご親切に教えて下さってありがとうございます。またメールさせていただくかもしれません(^_^;)

  • はじめまして。
    検索から失礼いたします。
    トラベルプロの購入を検討しており拝見させていただきました。日本では取り扱いがなく、他の方への返信で記載されているCREWoutfittersというサイトからの購入を考えております(検索からもこちらのサイトがヒットいたしました)
    個人輸入は初めてで、転送業者についてご教示いただければと思いコメントさせていただきました。

    • こんにちわ!
      僕はSpearnetという転送サービスを使っています。
      何回も利用していますが、今のところトラブルは一度もないのでおすすめできます。
      メールアドレスのほうにリンクを送付させていただきました。
      初回利用時には500円引きになるはずです!

      • ありがとうございます!
        メール確認しました。こちら利用させていただきます。

        • 個人輸入は最初は少し大変ですが、慣れてしまえば便利です!
          もし何か困ったことがあれば解決策がわかるかもしれないのでコメントください!

  • ぬくい
    11か月 ago

    はじめまして!私東京のテレビ局で制作をしております、ぬくいと申します。
    今度番組の企画でキャリーケースを考えており、

    こちらの記事を読ませていただきまして、一度ご連絡を差し上げました。
    もしよければ一度、番組概要含めお話しさせていただけないでしょうか?
    メールアドレスを記載させていただきますので、お返事いただけると幸いです。

    何卒、よろしくお願いいたします。

    • 返信いたしました!
      番組、楽しみにしています!頑張ってください!

  • じっくりご紹介を拝見させて頂きました。YouTubeの動画も見比べて、同タイプのexpandable ‘pilot’ rollaboard を購入しました。Flight Attendant Shop というネットショップですが、海外配送込みの注文が可能で、US Postalのトラッキングサービスで配送状況を随時確認できました。海外居住ですが、問題なく届いたものの、別途関税をしこたま取られたので、日本への配送がベターと思います。注文時の配送料は120ドル弱でした。これもご参考まで。

    • Darth Small
      11か月 ago

      情報ありがとうございます!
      Pilotの横のポケット、よさそうですよね。
      ガードもついていて、通常タイプよりも強そうです。

      予想外の関税をとられると凹みますね…
      Flight Attendant Shopについても教えていただきありがとうございます!
      このアクセサリーいいなーと思いました。
      https://www.flightattendantshop.com/travelpro-flightcrew2-3-or-4-attachment-strap/

      • 届いて実物を確認して気がついた(写真やYouTubeをよく見ればわかった筈ですが)のですが、サイドポケットとガードの他にもう一つ違いがありました。上から13枚目の写真では、メインの蓋の裏のメッシュのポケットの周囲にジッパーがあり、その裏に薄い物を入れられる様になっていますが、pilotタイプはそれがありません。サイズは全く同じなのに何故その様な作り分けにしたのか、不思議に思いました。それでいくらコストが落ちるのかはわからないですが。

        そのアクセサリー、いいですね。実は小生suiter機能が好きなので、廃止の変わりに出た中入れガーメントに興味があります。

        • Darth Small
          11か月 ago

          そのような細かい違いもあるのですね!興味深いです。
          情報ありがとうございます。
          僕も最近まではスーター機能はMustでした。
          FC5でもスーターモデルがあったら間違いなくそれを買っていたと思います。

          最近、スーツはスーターには入れず、次のビデオのように大き目のジップロックバッグに入れています。
          https://www.youtube.com/watch?v=VDGWW7_O2sI&spfreload=5

          個人的にはスーターよりもシワが若干少ないように思います!

          また面白いお話があればぜひ聞かせてください!

          • 匿名
            9か月 ago

            先日実戦使用しましたのでご報告。スーツ二着、3日分の着替え、靴二足、トイレタリー、ラップトップとケーブル、コンセントや携帯のケーブル類、書類、その他(タバコとか)、収納できました。PCもありかなりの重さでしたが、キャリー時の転がり抵抗の軽さには感心しました。また、セキュリティでPCをサッと出せる専用ポケットは重宝しました。海外のユルい空港なので国際線エコノミーに当たり前の様に持ち込みました。
            機材はB737-800(左右3列)、中央通路では幅ギリギリで転がせました。オーバーヘッドコンパートメントには縦入れできましたが、PC入りで厚みがあり、押し込む形になりました。エクスパンド機能を使った場合はまず入らないのでご注意下さい。荷室そのものには余裕あったので、帰りは土産の菓子や酒類も入れることが出来ました。
            ご紹介頂いたスーツのジップロックYouTube動画、大変参考になりました。有難うございます。ただ、動画の様に空気を入れる余裕はなかったので、たたみ方は同じながら、ホテルの不織布ランドリーバッグに一着ずつ入れました。きちんとたためば移動中はぺちゃんこでもあまり問題ありませんでした。

          • 報告ありがとうございます!
            それだけの荷物をパックできたところから察するに、相当な収納名人ですね!
            飛行機の持込情報もありがとうございます。
            ジップロックバッグ、めちゃめちゃいいですよね。A3サイズをアマゾンで大量買いしてバンバン使っています。
            僕も最近大量の荷物を詰めて移動することがあったのですが、エクスパンド+パソコンを外ポケットに入れた状態だと少しひっくり返りやすくなっているのに気づきました。
            脚がエクスパンドする部分の内側にあるのでエクスパンドするとそれだけテコの原理でひっくり返りやすくなるのは致し方ないですね。
            そのへんはBriggs and RileyのBaselineの方が優れていますが、価格差を考えるとやっぱりFlightCrew5はお得ですよね!
            またお話を聞かせてください!

    • 名無し
      11か月 ago

      突然失礼します。
      FlightCrewの Expandable pilot Rollaboardの購入を考えているものです。
      機内持ち込み用にと考えているのですが、ネックになっているのが大きさです。
      公表サイズでは持ち込み可能サイズちょうど(厳密には1cmオーバー)かと思いまうすが、画像を見る感じ「もっと大きいのでは?」思います(特に厚さ)。
      実際のところ、公表されているサイズ(56cm x 36cm x 23cm)より大きいでしょうか?
      お手数ですが、コメントいただけると助かります。

      宜しく御願い致します。

      • Darth Small
        11か月 ago

        こんにちわ!
        実際にメジャーを引っ張り出して測ってみました。
        公表サイズの56cm x 36cm x 23cmに対して僕が測ってみたところ、
        59 x 36 x 26でした。
        どの箇所を測るかによって誤差は出ますが、一番長そうなところを、あえて保守的(長めに)に測りました。
        長さ、厚さともに形式的には持ち込み可能サイズを超えることになります。

        ただし!厚さに関してはフタをを押し込むことで結構沈むので物をパンパンに詰めていなければ25㎝はクリアできると思います。

        個人的な経験から言うと、日本の国内線だと今はそこまでキャリーケースの大きさについて細かくチェックしていないようなので(小さい機体は除く)何も言われない可能性のほうが高いと思います。
        ただ、自分だったら持ち込むかと聞かれるとケースバイケースということになります。

        普通席やクラスJだったら持ち込みません。
        プレミアムクラスかJALファーストクラスでも中央の列を確保できた場合のみ(上の荷物入れを独占できるので)持ち込むと思います。
        国際線のビジネス以上だったら持ち込みます。
        国際線エコノミーだと悩むところですが、とりあえず持ち込んでみるかな、と思います。

        参考になればうれしいです!
        他にも何か聞きたいことがあれば遠慮なくご連絡ください!

  • 国内取り扱いはもちろんなく並行輸入品もないと思いますが入手方法はあるのでしょうか。移動が頻回のものにとっては福音です

    • Darth Small
      12か月 ago

      こんにちわ、初めまして!

      おっしゃるとおり、国内での取り扱いは並行輸入品も含めてないので個人輸入しかないです。
      僕はCrewoutfittersというアメリカのショップで購入し、それをSpearnetという転送業者に依頼して日本に送ってもらっています。
      転送業者の利用を検討されている場合は$5の紹介割引をプレゼントできますのでメールください!

      今度やっとFlightCrew5を実戦で使えそうなのでまたレビューします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。