湯シャン始めてから1ヶ月経過

adobe-spark

前の記事でも書いたように少し前から湯シャンを始めています。

湯シャンはシャンプーを使わずにお湯のみで頭を洗う方法です。
英語だとノープー(No poo)と言います。

僕は最近知りましたが、結構前から流行っていたんですね!

日本ではタモリや福山雅治、海外ではミランダ・カー、ジェシカ・シンプソンやアデルも湯シャン派みたいです。

僕が湯シャンを始めてから1ヶ月が経ったので途中経過を報告しようと思います。
その前に湯シャンとは何かについておさらいしておきます。

 

湯シャンのメリット

湯シャンはメリットがたくさん

  • シャンプーによる皮脂の落としすぎを防ぎ、頭皮を本来の状態に戻すことができる
  • 頭皮が本来の状態に戻ることによって髪の毛が綺麗になる
  • ハゲ防止
  • シャンプー代、水道代の節約

 

湯シャンのやり方

湯シャンは簡単

シャンプーを使わないこと以外は今までと基本的には一緒。

髪の毛の汚れは水で流すだけでほとんど落ちるので、頭皮を重点的に洗うようにする。

ポイントは

  • 熱めのお湯(38−40度)でやる
  • 爪は立てずに指の腹で頭皮を揉むように洗う
  • すすぎはしっかりと

 

実際に湯シャンをしてみた

最初は確かにつらい

湯シャンは初めてから1週間が成功の分かれ目になると言われています。
実際にやってみてほとんどの人が1週間で挫折する理由もよくわかりました。

まず僕の髪質ですが、細くて柔らかく、量は普通です。
クセは少しあります。
フケはあまりなく、皮脂も少な目だと思います。

普段はワックスを使っていましたが、湯シャンを始めてからは整髪料は使っていません。

湯シャンを始めてから最初の数日間は皮脂の分泌がすごく、頭皮も髪の毛もギトギトでした。
髪の毛も重く、乾くのにも時間がかかりました。
臭くなるといったことはありませんでした。

 

1週間たったあたりから変化が

1週間たったあたりからだんだんと皮脂の分泌が落ち着いてきて2周目あたりからは気にならなくなってきました。

髪の毛自体に変化は特にありませんが、少し硬くなった気がします。
もともと細くて柔らかい髪でボリュームがないのが気になっていたのでこれは嬉しい変化です。

湯シャンを始めてちょうど1ヶ月経った状態が次の写真です:img_8165

湯シャンの本当の効果は始めてから数ヶ月後に出てくると言われているのでまた途中経過を報告します!

(Visited 1,423 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。